MENU

日本人に多いといわれる仮性包茎とは一体なに?

仮性包茎は日本人に多いといわれる包茎の一種で、包茎の中でも最も多いタイプです。平常時は包皮が亀頭を覆っており、手でむくと亀頭を露出させることができるのがそれに当たります。

 

勃起時は程度によって違い、亀頭が自然にほぼ全部分が露出する、いわゆる正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。
仮性包茎は実は放っておいても日常生活に支障はありません。性交の際にも多くの場合でなんら問題はなく、手術の必要性を感じないでしょう。ですので、仮性包茎の方の大半は生涯において包茎手術を考えたこともないかと思います。

 

しかし、まったく問題がないかといえばそうでもなく、例えば、亀頭の発育が遅れることで先細りになりやすかったり、包皮の内側にカスが溜まりやすくなります。また、悪臭を発することもあれば、陰毛が包皮に絡まり引っ張られることで痛くなったり、逆に陰毛が包皮を傷つけてしまうこともあります。

 

そうなると亀頭が炎症を起こしたり、通気性が悪くなることで性病にかかりやすくなるというリスクが生じます。

 

コンプレックスの原因にもなるので、本来は仮性包茎も治療した方がいいのです。

 

上野クリニックの仮性包茎手術の料金

上野クリニックでの仮性包茎の手術はナイロン糸による環状切開術で72000円、吸収糸を使用したもので100000円です。このほかにもオプションなどが最適な対応が医師から提案され、付け加えられることもあるので、最低でこの料金となっています。

 

他院での手術は3万円台から受けられる病院もありますが、技術に不安があるので、間違いのない上野クリニックのこの料金が適正かと思います。実際、他院で手術に失敗したものでも上野クリニックでは再施行して治療が可能ですが、その際には15万円以上がかかってきます。そう考えれば、トータルでは上野クリニックの料金は決して高いものとは言えないことをおわかりいただけるかと思います。

 

余計な追加料金もかからないので、最初に提示された料金で男性の悩みが解決できる魅力があります。