MENU

上野クリニックの包茎手術に保険は適用できる?

残念ながら上野クリニックでは保険適用はできないのが結論です。真性包茎においては病院の泌尿器科で治療と手術を受ける場合にのみ保険の適用対象となります。しかし、上野クリニックは泌尿器科ではないので、適用は難しいですね。

 

それから仮性包茎においては残念ながらすべての泌尿器科とクリニック、美容整形外科で保険を適用することは基本的にできません。

 

もし保険を適用できれば費用を抑えることが可能ですね。ですので、真性包茎では泌尿器科に行けばいいわけですが、一般的な泌尿器科は包茎の治療を合理的に行うだけで、手術の仕上がりの美しさには気を使っていないことが多々あります。

 

せっかく男性の自信を取り戻すのならば、堂々と温泉や銭湯で裸になれるレベルのペニスを持ちたいものですよね。そう考えれば、仕上がりの美しさも重要なわけで、保険適用対象外とはいっても上野クリニックのような包茎手術専門のクリニックでの治療をするべきでしょう。

 

そもそも上野クリニックと泌尿器科の違いって?

泌尿器科と上野クリニックはどう違うのかというと、簡単に言えば尿路系や生殖器系などの下半身の治療を幅広く行うのが泌尿器科で、包茎手術などペニスだけを専門的に治療しているのが上野クリニックと言えます。病院の泌尿器科はペニスだけでなく、腎臓や膀胱、前立腺、睾丸など、男性の生殖器全体を扱うところです。しかし、クリニックのように包茎治療の専門知識や専門技術をつきつめた医師がそれほど多くありません。

 

先ほども書きましたが、泌尿器科の包茎手術は術後の美しさやセックスの快感を重要視していません。あくまで、合理的に包茎の手術をしたまでです。そのため、ペニスがツートンカラーになったり、ペニスの皮を切りすぎて勃起時に痛みを感じてセックスの快感が減少するなど、トラブルを抱えることもあるようです。

 

ですので、自然な感じで包茎手術を終えたければ、保険適用はなくても最初から上野クリニックに行くべきなのです。