MENU

包茎手術の失敗例にはどんなものがある?

包茎手術の失敗例にはどんなものがある?
包茎手術をした際に、きれいに仕上がっていればなんら問題はありませんが、人間がやることです。失敗というのもあるかもしれません。では、包茎手術の失敗とはいったいどんなものがあるでしょうか。

 

まず、代表的なものはツートンカラーでしょう。施術部分と元の部分の色が違うために、ひと目で不自然だとわかってしまうものです。手術痕、例えばメスを入れた場所の傷跡などが大きく残ってしまい、特に勃起時に見えてしまうのもまた失敗例かと思います。ただ、これらは見た目の悪さを除けばあまり大きな問題とは言えません。

 

問題のある失敗例は包皮の切除を勃起時や通常時の長さや直径を考慮に入れずに行ってしまった結果起こるものです。包皮があまってそこにリンパ液が溜まるペリカン変形などがあります。これはまだ経過によって治ることもありますが、包皮が短すぎて、勃起時に引っ張られるなどは場合によっては痛みを伴うので、正常な性交ができなくなることも考えられます。

 

ですので、包茎手術は経験が多く、技術力の高いクリニックに行くことをオススメします。

 

では、上野クリニックでは失敗はないの?

上野クリニックで包茎手術の失敗があるのかどうか、でいうとそれはわかりません。情報がないからです。もし失敗が多ければネットなどで叩かれるかと思いますが、それもほぼ見られないので、たぶんないのではないでしょうか。

 

そもそも、他院での施術失敗に対してリカバリーができる技術があるくらいですから、上野クリニックと失敗というものが結びつきません。

 

多くの場合、包茎手術の失敗は病院選びの失敗に直結しています。しっかりと吟味して、何カ所かカウンセリングを受けてみてから決めていれば、恐らく包茎手術の失敗で新たな悩みを抱えることはなかったのではないかと思います。

 

経験と技術力においては日本国内で屈指のクリニックが上野クリニックです。まずはこのクリニックで相談してみることをオススメします。